ほっこり、おひさまの下で

元気いっぱいな子供達に囲まれての日々の出来事や、大好きなハンドメイドについて綴っていきたいと思います。

2018-06

女子会

先日、娘が高校合格祝いに都会に連れて行って欲しいと要求。
当たり前のように帰省していた息子も「兄ちゃんも行きたい!」と参加を申し出たが「アカン。女子会やから母ちゃんと二人で行くの」と瞬殺。

最寄り駅まで車で行って(バスで駅まで行くと二人で千円超える)安い駐車場に止めても電車代が二人分となると直接現地まで車で行った方が安くなる!と旦那に車での遠出を打診。

都会に行くと交通量も多くて、危ない運転の車も沢山で事故にでもあったらどうするの?と旦那は渋い顔 とっても心配性なのです。

何とか、頼み込んで車での移動を捥ぎ取った。いつもは、近場の買い物か実家への道しか運転しないので旦那は最後まで心配そうに何度も道順を確認して、「困った事があったら、すぐに電話するように」と言う。分かってるってばっっ!

高速は降りる場所を間違えたら、全然分からない場所に出るから高速は使わずに一般道で行くように旦那が言うので、一般道でナビを設定。さぁ!行きますわよぉぉヽ(´∀`)ノ

出発から40分後。通り過ぎた緑の看板を振り返った娘が不安そうに言う。「今…料金所って書いてたけど…大丈夫なん?」

ちょい前にも娘が通り過ぎた緑の看板を振り返って「高速って書いてたけど、いけるん?」と言ったけれど、そのまま直進。だって、ナビが「分岐を右です。」って言ったんだもん。オレはナビを信じるっ

が、ほどなく料金所に到着。「料金1070円です」のおっちゃんの声に慌てて財布財布
この時点で、電車代を超えてしまった…アレッ?

教習所で乗った以外、私の運転で高速に乗ったのは初めて。キャー高速初記念日~!と、もはや笑うしかない私に娘が「笑い事ちゃうやんどうすんの?なぁ?どうすんの?どこ行くの?出口どこ?はよぉ降りんとアカンやん」と激怒。

でもさぁ、せっかく1070円も払ったんやから元が取れるくらいまで走った方がいいんじゃね?の私の言葉に娘、ヒートアップ
「はぁぁぁなに言うてんのっっ そんなんして、また料金所に着いたらお金払わんとアカンねんで今すぐ降りてっっ」

そんな中、一本道の高速なのにナビの「左に曲がります」なアナウンス。どこ?

ちなみに、これが息子だったら「行けるとこまで行ってもええんちゃう。1070円の元は取ろうや」くらいは言える。たとえそれで大阪を超えて神戸まで行ってしまっても「スゲェ」と笑えるくらいにはのんき。

娘が目ざとく出口の看板を見つけて、降りろとうるさいので降りてみる。そこから何度かナビに騙されながらも、目的地に到着。

旦那に到着したら必ず電話をするように言われていたので連絡。「遅かったから心配してたけど、何もなかった?」の言葉に「安全運転でゆっくり行ったから」と即答。何も問題は起きていませんよ?
今後の行動に制限が掛かる可能性があるので、間違って高速に乗ったなんて口が裂けても言いません。

目的地では娘が以前、友達と入った美味しいカフェに案内してくれて、そこで娘のお薦めランチで舌鼓。パンがフカフカで美味しかった

それから、ウロウロとお店を見て回ってお留守番の旦那や息子にお土産を買って、またお茶をして 娘も「母ちゃんと女子会、オモシロイわぁ。また来ような」と笑う。良かった。

帰りは出口が二つで、どっちの方向に帰ればいいのかよく分からなかったけどナビが何とかしてくれるだろうと、発進。

娘が「こっちでいいん?四天王寺方面で合ってんの?」と聞くので「分からんけど、右ぃ」と返事をしたら「なんで右?」と聞くので「右利きやから」と適当に出口を決めた事を話せば、娘激怒。着火が半端なく早い。

すかさず娘が旦那に電話して「母ちゃんが、四天王寺方面の出口に行こうとしてるんやけど合ってる?うん、うん、もう一個は阿倍野方面」と出口の確認。おもむろに旦那の指示で娘の携帯をスピーカーに変更。携帯から旦那の焦った声が聞こえる。「アカンでっっ四天王寺は反対方向やで。阿倍野!阿倍野方面に行って」 
焦ってる。焦ってる。でも、ゴメンもう出口でちゃったヨ。娘が「母ちゃん、そんまま出口でよったぁぁ」と騒いでいるけど、車は急に止まれない。え?先に出口を確認しとけって?だから、発進前に右って決めてたやん!

ナビの案内でグルっと回って自宅方面へ。帰り道は、娘が緑の看板に過敏に反応。「高速って書いてるで。そっち行ったらアカンで。見えてる?緑の看板っっ」とうるさいの何のって。
それでも、女子二人でワイワイと色んな事に話の花を咲かせて楽しく帰宅。

あれほど車の中では「もう母ちゃん、ありえへん!信じられへんわ」とご立腹だったけれど振り返ってみれば楽しかったらしく「また、母ちゃんと二人で遊びんに行きたい」と言ってくれた 

が、ウィンドウショッピングは過酷であった。すんごい歩かされたよ。若いっていいねぇ…もう、母ちゃん息切れしちゃう。

スポンサーサイト

息子の近況。

一人暮らしを始めた息子の近況

4月2日。一人暮らしスタート。
夕方、寮に戻って来た息子から電話。
眼鏡を掛けていない人が多いのに、賢い人ばっかりでビックリ!持論の眼鏡を掛けている人は賢い説が覆ったと騒ぐ。どうやら暇なようだ。

夜は、兄ちゃんが居ないと何となく寂しいねぇと言いながらしんみりと夕食。
夕食も終わりまったり中に、またもや息子から電話。暇なのか?寂しん坊なのか?
電話の内容は、「シャンプーとボディーソープの見分けがつかないんだけど、どっちがどっち?」
一人暮らし初日からエライ事になってんなぁ…

…一人暮らし前に、詰め替え用のシャンプーとボディーソープを100均の容器に息子と二人で詰め替えたのは間違いないんだけど、どっちがどっちかなんて覚えていない。

これが、家だったら旦那や娘からブーイングの嵐だけど、困るのは息子だけなので、息子への答えは「泡立つ方がシャンプーっしょ!」
風呂から出た息子が「どっちも泡立ったんやけど?」な電話が再度かかってきた。もうどうでもいい。
髪を洗ってギシギシしてなかったら、それがシャンプーだろうと言ったら、髪が短いのでギシギシしているか分からないと言う。ホントドウデモイイ。イマテレビノイイトコロナノヨ。テレビニシュウチュウサセロッ!



一人暮らし2日目。
夕方、またもや息子から電話。
見たいテレビがあるから家に帰りたい。迎えに来てぇぇ!な内容…勉強で忙しいからテレビなんて見る暇ないっ!落ち着いてからテレビを買う!と言った人のセリフとは思えませんね…

仕事から帰って来た旦那が、お帰りぃと言う息子を見て驚く。そりゃそうだ。昨日、旅立ったはずなのに…
明日も学校でしょう?と寮への帰宅を進めるも、大丈夫!門限は11時やから、それくらいに帰る。と言って、ちゃっかりお風呂にも入って寛ぎモード。結局、ギリギリまで家に居た息子。寂しん坊にも程がある…。



一人暮らし3日目。
夜にまたもや息子から電話。
「前と違う方でシャンプーしようと思うんやけど、前回は、どっちでシャンプーしたっけ?」…知らんわっっ
まだまだエライ事になってんなぁ…
息子の髪が、しっとりスベスベで、体がキューティクルに包まれていようが、ドウデモイイヨ!



一人暮らし5日目。
週末に帰って来るからっっ!と言っていたので、明日の土曜日は昼前くらいに息子を迎えに行けばいいかな?と思っていたら、夕方に息子から電話。
今日、帰る予定やったけどクラスの人に夜ご飯を誘われたから今日は帰れない。明日の朝に迎えに来て。な内容。
金曜日の夜から帰って来る気だったらしいが、こちらは土日の帰省と思っていたのでビックリ。息子の夜ご飯を用意していなかった。あっぶねぇ…



一人暮らし6日目。
あさ8時過ぎ。息子から電話「もう準備できたよ。まだ?」
こちらは、ダラダラしてまだ朝ご飯も食べていませんヨ!そんなに帰りを楽しみにしているとは思わなかった。途中まで歩いて行くよ!なんて言うので慌てて迎えに行く。

日曜日も門限までに帰ればいいからと、ギリギリまで家で寛ぐ。
ちなみに、シャンプーとボディーソープは見分けがつかないので交互に使っているそうだ。どっちも変わんないから気にならない。と言う息子ってスゲェな。
…ポツリと娘が言った。「どっちも、シャンプーなんじゃね?」


大学校での勉強は難しく。ごっそり勉強道具を持って帰って来て勉強している。寮で勉強した方が捗るように思うけど、どこで勉強しても一緒やから。と週末は金曜の夕方からの帰省を主張。

先週末は、金曜夕方から帰って来ていたよ。今週も金曜夕方には帰って来るからねーと言って寮に戻っていった。

勉強は大変そうだけど、仲良く話せる仲間も出来たようで火曜日はスーパー銭湯に友達と行ったと話していた。少しずつ、一人暮らしにも慣れてきたようで一安心

新学期

我が屋の新高1女子。

入学式、中学ではセーラーだったんだけど高校からはブレザー。
初めてのネクタイを絞めて、ブレザーを羽織る。「なんか、お姉さんになったみたい(=∀=)」とはにかんだ娘。

息子も、学ランからブレザーになった時、「なんか、お兄ちゃんになったみたい」と言って笑っていた。兄妹揃って同じセリフ

入学式翌日、初めて一人で登校。無事に学校に到着したけれど、問題は帰り。
あれほど、バスは行き先が3つあるから、行き先を確認してから乗るように!と言ったのに、確認しないで乗車。
麓の大学行きのバスで、大学の奥深くまで乗って終点。全然、違う制服で大学の坂道を降りて校門を出るまで、警備員さんに不審者と間違われて声を掛けられないかドキドキしたそうだ。

息子も、何回も大学行きに乗って構内に侵入。行き先も確認しないでバスに乗り込んで居眠りした挙句の所業。

息子の場合:高校初登校の日、朝降りたバス停と同じ場所からバスに乗り込んで帰宅をしようとしたが、勿論バス停は降り場と乗り場は全く違う。必然的に、家とは全然違う方向へ。隣町の沿線も違う駅の終点で途方にくれる。
「ここはどこですか?」と聞く息子にバスの運転手さんが、息子の行き先を聞いて「ここからじゃ乗り換えもあるし帰るのは難しいなぁ、お家の人に迎えに来て貰った方がいいよ」と親切にも教えてくれた。
勿論、乗り越し。超過分を払わないといけないんだけど、お金が足りない…運転手さんは、「今日は、もういいよ。次からは乗り場を間違えないようにね」と超過分を免除してくれた。運転手さん!有難うございました
が、不測の事態に息子には500円玉を1枚持たせていたのね。なのに、足りない?
なぜって?お腹が空いたので、コンビニでみたらし団子を買ったんだって、美味かったからお替りもして2パック。
息子がバカ過ぎてビックリだ

息子は一通りの失敗はこなして高校卒業。

そして今日の夕方。娘からLINE。「なんか、駅に着かへんねんけど、お家に帰れる?」とSOS。えぇぇ…居場所アプリで調べたら、途中の駅を移動中。どうやら、快速電車ではなく、区間快速に乗ったようで一駅ずつ停まるから不安になったらしい。
そのまま乗ってても大丈夫な旨を伝えて一件落着。

息子は普通に、和歌山まで寝過ごしてたからね

息子の時に比べたら断然、安心感がある。

ハラハラドキドキしながらも、新しい生活に慣れようと一生懸命な高1女子。頑張ってぇぇ

新たな一歩

息子の一人暮らし用品を買い揃えるにあたり、息子が頑として「給料が入ったら自分で買う!」と譲らなかった物が『冷蔵後』と『テレビ』

勉強で忙しくなるからテレビなんか見てられない!テレビは落ち着いてから自分で買う。って言う息子の主張は最もだと思う。…でもさぁ、冷蔵庫って超必需品じゃね?要冷蔵の食品ばっかりだし、季節は夏に向かってるんだぜ?温い炭酸とか飲むの?ワケワカメ…

そして息子が得意気に言う。「冷蔵庫の代わりに、クーラーボックス貸してぇ」…おいおいおい、クーラーボックスは、冷蔵庫の代わりにはならないよ?温い空間にマヨネーズを入れてても要冷蔵扱いにはなりませんからね?何言ってんだ?な私に、これまた何言ってんだ?な顔で息子が言う「だぁかぁらぁ!保冷剤を入れとったら冷え冷えやんそれで、冷蔵庫を買うまでモツっしょ!」

本格的に息子の思考回路が読めない。その保冷材は、どこで凍らせるの?保冷剤が1ヶ月も持つわけないやん…。キョトンと息子が「え?家で凍らせたらええやん」なんて言うけれど、毎日家まで凍らせにくるの?」と聞けば、「あぁぁあほんまやぁぁぁ」と膝を付く。
息子の一人暮らしは不安が一杯。
それでも、冷蔵庫は給料が入ってから自分で買うんだって。頑固。
(息子の通う大学校は、給料が出るのです。)


そして、今日は息子の新生活第一歩!
学校の前で記念撮影。スーツのポッケには携帯の充電コードがワチャと入っていてパンパン。校門前で、カバンに直せ!大丈夫!と私と息子の応酬が続いたが、今日は使わない充電コードをポケットから出さずに入学式へ。マジワケワカラン。
緊張した面持ちで、「じゃぁ、行って来る!給料入ったら一杯、親孝行するから、楽しみにしときな」と希望と不安を抱えて門の中へ。
一度振り返って、それからは真っ直ぐと校舎の中へ入って行った息子。大きくなったなぁ。シミジミ

IMG_1109.jpg


息子を送り届けてからの帰り道。
なんだか急に寂しくなってしまったよ。今日から息子は寮生活。ほんの19年で巣立っていったけれど、もっと息子にしてあげられた事が沢山あったのに何もしてあげられなかったなぁ。

小さな頃は、抱っこぉって言っても、頑張って!歩けぇぇ!なんて言ったけど、もっと沢山抱っこをしてあげたら良かったななんて思いだしたら、後から後から後悔が押し寄せて来て無性に息子に申し訳なくなってしまって、車の中で娘とグズグズ

でも、寮は車で30分も掛からない場所…週末には帰って来るから、週末にはうんと甘やかしてやろう!と思います。たぶん…

大きく羽ばたけ君の未来は希望に満ち溢れている!


素敵なプレゼント

4月から大学校での寮生活が始まる息子。慌しく荷造りに追われる日々。

今日も朝から、せっせと荷造り。ちょい前まで、「兄ちゃんが、出て行ってまうのに、寂しくないのっっ(`Д´*)q」と、半ベソかいていた娘も、兄が寮生活に入ったら兄の部屋に移るべくせっせと荷造り。

ずっと、娘の部屋に私のミシンを置いてミシン部屋にしていたから、やっと一人の部屋が出来ると娘は喜んでいるけれど、今までずっと部屋は物置状態。いつも学校から帰ってきて荷物を置いたら部屋には行かない。勉強はリビングでするし、寝るのも何故か自分の部屋ではなく親と同じ部屋で、しかも旦那と私の真ん中を陣取って寝ていた娘…。兄の部屋に移ったらベッドで寝る!って言ってるけど、どうなることやら…。

わっせ!わっせ!と荷造りをしていたら、宅急便が届いたのですよ。なぁーんとね!いつも仲良くしてくれているこはくさんからのプレゼント便でしたヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

荷造りが終わったら皆で見るから先に開けたらダメ!と言われたので、袋を開けずにパシャリ

IMG_1101.jpg

箱にギッシリのお菓子と、私と子供達に柔らかフカフカな今治タオル!を頂きました
ふんわりとした色合いで、写真を撮る間もなく子供達は持っていっちゃいました。こはくさん!有難う

娘には、可愛いコンパクトまで!めっちゃ可愛いの。高校で使うんだ!とイソイソとカバンに仕舞っていましたよ

その他にも、お揃いでチビがま口ちゃんも頂きました。まじ可愛い大事に使わせて頂きますっっ!

IMG_1102.jpg



息子の一人暮らし、節約の為に自炊も頑張ってする!との事で、食料品を買いにスーパーへ。
迷わず、最初にスキムミルクをカゴに入れた息子…米よりスキムミルク!息子の一人暮らしに不安しか湧かない…大丈夫かぁぁぁ!

 | HOME |  次頁へ移動する»

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

グミッチ

Author:グミッチ
大阪在住
ひたすら元気な息子と、恐ろしく口の立つ娘の母でございます。


ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いします。(*^_^*)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

 

ブログ内検索

型紙屋さん かもみーる

通園バッグ&型紙 販売中♪

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

四季の花時計

RSSフィード