ほっこり、おひさまの下で

元気いっぱいな子供達に囲まれての日々の出来事や、大好きなハンドメイドについて綴っていきたいと思います。

2014-09

ブラウス♪

あっちゅう間に9月も終りね…秋ねぇ…

プレゼント用の子供用ハンカチを縫いながらフッと思いだしたざますよ…
娘が幼稚園の頃、持たせるたハンカチが盛れなく汚れて帰って来る…よくよく見てたら、幼稚園のママゴトセットを泥水で洗ってハンカチで拭いてたよ…そりゃ汚れるよねぇ~それで、お昼前に手を洗って拭いてるのよねぇ~バイキンマンどころの騒ぎじゃねぇなっおいっ
そしてもう一人のツワモノ……息子が幼稚園の頃、持たせた歯ブラシがやたらと早くに開いてたざますよ。もうね、その歯ブラシ1年くらい使ってるんじゃねってくらいボサボサ…どんだけ力いっぱい磨いてんだよ て思ってたら、幼稚園の蛇口を歯ブラシで磨いてたよ……虫歯菌どころの騒ぎじゃねぇな おいっ せんせぇぇぇー 歯を磨いた後に、蛇口を磨いてる子がいますぅぅぅぅ 

 ……なんて事があったざますよ…子供って何するかわかんないわね…思考回路があらぬ方向へ繋がってる。ひとまず、うちの子の胃は幼稚園時代に鍛え上げられている。そんじょそこらの菌には負けない。


夏休みに作ったブラウスを今頃紹介…
母の日に実母にプレゼントしたブラウスを、母がとっても気に入ってくれて半袖も作って欲しいと言うので、母から預かってた生地でブラウスを作ったよ

ブラウス

着ご心地も良かったようで、夏の間は大活躍でした



無事に、SHOPをオープン出来て、ご注文も早速いただき、とてもありがたく思っております。ほんとはね…9月半ばにオープンの予定だったんだけどさっ……もうすぐ完成って時に、私ったらホームページのデーターを消してしまったのですよ(T_T) コマメに上書き保存はしてたけど、バックアップは取って無かったから、さぁ後はサーバーに送ればいいだけねって思って、見たらあるべき場所にファイルが無くて、なんでなんでと焦って、あらっもしかして、あんとき私ってファイル消してもうてたって気が付いて……もうね、一瞬で白髪になってヨボヨボ状態……マジ泣きそう…(T_T)

ガックリうなだれる私に旦那が「いつも、悪い事ばっかりしてるから罰が当たったんやろ」と冷ややかに言い放って、ちーっとも心配してくんない…私が何かしたかっっ(数えられない程、した)

おれぁ…もうダメだ…と灰色になってる私の肩を揺さぶって「寝るなっジョォォォォ おまえなら、まだやれるっ ジョォォォォ」と息子が素晴らしく素敵な笑顔で声援を送ってくれた…何がそんっっなに楽しいんだっっ 母ちゃんがヨボヨボしてんのが、そんっっっなにおもろいかっっとキレたら「ちょっとだけ、おもろい」とハニカミながら息子が言った…もしかして私は嫌われてんの
誰も彼もが、アハハハハーと爽やかに笑う中、娘だけが「いける夜はカレー作ったげるから、母ちゃんホームページしててもいいで」と労ってくれた……日頃、氷点下のような視線で「それおもろいんか」と言って一切がっさい私の冗談に乗って来る事は無い娘がぁぁぁ…優しいざますよ(T_T)
なんとか、寝る間を惜しんで復旧作業をこなしてSHOPをオープンできたのでした。娘よ、有難う<(_ _)>
SHOPオープンから数日、娘がソロリと私の横にやって来て「母ちゃん、最近さぁ、みぃってさぁ、賢いやんいっぱい、お手伝いしてるやん」と何やら怪しげな事を言い出した…最近…最近…そうね、最近は何やら私のお手伝いを率先してやってくれるし、夜ご飯は私が1週間作るから母ちゃんは、パソコンしてていいよと言ってくれた。メニューを聞いたら、カレー、シチュー、ハヤシライス、ビーフシチュー、ハッシュドビーフと、具は同じでルーが変わるだけのメニューを言ったので旦那が丁寧に断った…。弁当箱破壊事件でも優しかったわね…それが何か
「父ちゃんにさぁ、お小遣い上げてって言うて」と悪代官のような顔で娘が言った。……お小遣い値上げの為に数ヶ月前から用意周到な策を練り上げた狡猾な小6女子への応援はこちら↓



今までの優しさはウソだったのねぇぇぇぇ





スポンサーサイト

貯金箱

急に肌寒くなってきたわね。なのに、水筒に山盛り氷を詰め込んでお茶を入れてる息子は自律神経がどうにかなっているのかしらね
↓の弁当箱破壊事件から、私の呼び名が『破壊神』になったよ。つい最近まで『ジャイアン』でド○えもん界最強の男の名を欲しいままにしていたけれど、とうとう『神』の域に達してしまったざますよ…え 褒めてないってかマジでかっっ


そんな破壊神の指導の元、今年も娘が貯金箱を作ったよ テーマは『お菓子の家』正面の開いたドアからは、中に置いたスイーツが見えるようになっている難い演出も有り
私は教えるだけで、一切手伝わないがルールなので口だけしか出せない為、娘のカッターの持ち方にヒヤヒヤしそれでも流血騒ぎは無く、何とか完成

貯金箱1


粘土とフェルトで作っています お金は煙突から入れて、お菓子の家の裏口下にスライドのお金を取り出す口を作ったのです

貯金箱2


反対側の屋根は、アイスクリームを乗せて すこーしだけ、溶けた風にしたのがミソ

貯金箱3




ずっと、お待たせしているSHOPのホームページが完成しつつあります ポチポチとタグを打ちこんいく作業も残りわずかオープンに向け張り切っている管理人への応援はこちら↓



お待たせしているお客様ー!もうすぐオープンでっす!



弁当箱がぁっΣ(゚ω゚`)ヌオッ!

今日は、すぐそこにある誰にでもありうる事件に遭遇したグミッチの話… みんなぁぁぁ 弁当箱には気を付けろぉぉぉぉ Σ(゚ω゚`)

最近の息子は正に食べ盛り。我が家のエンゲル係数はウナギ登りに上りチョモランマも目じゃないぜっ (-"-)

そんな息子が、学校に持って行く弁当箱を大きくしてくれと言い出したのは夏休みも終わりの頃。息子と一緒に弁当箱を買いに行ったんだけど、これまた辞書みたいなデカイ弁当箱を所望…
弁当箱の説明には、ご飯はお茶碗二杯半 入るよ って書いてたけど、実際はお茶碗二杯半どころか炊飯器のご飯を半分くらい持ってかれるくらいの大容量…マジかっ オイッ

息子の弁当箱は蓋に箸が収納できるようになってるのね。これで、箸箱を紛失する心配は無くなった

弁当箱を使い始めて2週間…事件は起きた…(-"-)

弁当箱を洗おうと思って、蓋についてる箸入れの蓋を取ろうとしたら『パキッ…カツ』って音がしたよ。何 んと蓋を見た私の目に飛び込んできたのは、折れた箸入れの蓋を止めるツメ(爪) 

『やっちまったな~~~』脳内で屈強なおっちゃんが餅つきを始めた所で、ひとまずヒッと飛び上った。私に猫並みの脚力があったら、天井に突き刺さるくらいに飛び上ったと思う 一瞬後に思ったのは、どうやって誤魔化そうかな隠蔽工作。 常日頃、子供達に悪い事をしたら隠さず正直に謝りなさいっ と力説していた私は、この瞬間はるか彼方、銀河系へ旅だった。 私は汚い大人で結構でぇすっっ デビルぐみっち降臨

すぐそこのリビングでテレビを見ている旦那を気にしながら、何気なさを装って電話代横の鉛筆立てにある『瞬間接着剤』を取りに行く。ミッションは始まったばかりぃぃぃぃ が、瞬間接着剤が無い… ウロウロと何気に徘徊しながら接着剤を探すが見つからない。 あれ ミシン部屋かなんて思いながら見てみるけど無い…何気に息子の部屋を覗いてみたら、学習机の上にあった 何故、ここに あいつ、何か壊したか

ちらっと気にはなったが息子の所業よりも、今は私の隠蔽工作が最優先。接着剤を握り込み何食わぬ顔でキッチンへ。っと、旦那が「さっきから、何ウロウロしてんの」と声を掛けられた。文字通り飛び上るくらい驚いた。精神的には屋根を突き破るほど飛び上った。心臓は、マサイ族が打ち鳴らす太鼓の如き打ち鳴らす。「うぇっ」と頓狂な声がでた。人間って色んな音が出るのね。 「ちょっと、トイレを探してウロウロしてました」と不振極まりない答えに、旦那が「はぁ」と怪訝な顔をしたけど、日頃の言動のお陰でそれ以上の追及はなし。 ふぅ 危なかった…

旦那を気にしながら、素早く折れた爪を接着。焦り過ぎて、人指し指まで一緒に貼り付いたのには焦った 焦った 人差し指は、ちょっち接着剤で白くなったが、一応ミッションコンプリート 後は乾かすのみざます

やれやれ、ビビらせやがってからにっ ふぅ~いい仕事したぜと洗い物をしていたら、旦那がお茶を飲みにキッチンに侵入。 やべぇ、すぐそこに乾燥させてる弁当箱の蓋がある
がっ幸いにして、旦那はメガネをしていなかった。メガネしてない旦那の視力は0.2。 現実世界は見えていない。大丈夫だ 小さな爪なんて旦那には見えない。落ち着けぇぇ落ち着けぇと呪文のように唱える。今、嘘発見器に掛けられたら、針が振り切れて犯人になってしまう自信満々っっ やっ犯人なんだけどね

お茶を飲みながら私の横で話をする旦那。早くリビングに戻るのだっっ という願いは虚しく、旦那が乾燥中の弁当箱の蓋に気が付いたぁぁぁ マジ絶体絶命Σ(||゚ω゚)ヒィィィィ たぶんもう乾いてるはずっ なんてったって瞬間接着剤だからねっっ ちらっと15分おいて圧着とか書いてたけど、そこは瞬間を優先して欲しい。

旦那が何気に箸入れの蓋を取って「あれ、これ付けとかへんの」と蓋をセットした…瞬間『カチ』と小さな音がして、蓋が沈んだ…んのぉぉぉぉぉ せっちゃくざーい 気合いいれろよぉぉぉぉ

えっとつぶやいた旦那が見たのは、折れた爪。たぶん旦那に猫並みの脚力があれば天井に突き刺さってたね。焦った様子で「うわっ 潰してもうた えっ なんで なんで」と慌てる旦那。どうやら、蓋を潰したと思っているようだ……これは、旦那のせいにしてしまおうかそうするそうしようっ 旦那の声に、子供達もやってきた。

「やっちまったなぁ~~~」と屈強なオッチャン宜しく、餅つきを始めた私に「腹立つぅぅ ちょっと接着剤持って来て」とイラッとする旦那に「はい喜んでっ」と、弁当箱の横に置きっぱなしにしていた接着剤を捧げ持ちながら満面の笑顔になるのは許して欲しい。瞬間旦那が、んって顔をした。やべっ、ここに接着剤があるのは不自然だったか…

息子が「(弁当箱)直せる」と心配そうに尋ねるも旦那は「直るよ」とメガネを掛けて修理に取り掛かろうとして沈黙……チラッと私を見てヒヤリとした声で聞いてきた。「……接着剤の跡があるんやけど、これ何
しまったっ(||゚ω゚) メガネを掛けたら旦那は現実世界に帰って来るよ。 もしかしてだけど~~、もしかしてだけど~~なんて歌ってる場合じゃない

狭いキッチンに家族4人。家族会議が開かれた。検事(旦那)が「母ちゃんが、蓋を壊したのに、コソッと直して、潰したのを父ちゃんのせいにした。ホンマモンのワルッ」と糾弾されれば、被告人(私)が素直に「ごめんなさい<(_ _)> つい出来心でした。」と反省を述べるも、傍聴人(息子)が「ごめんで済んだら警察いらんっちゅーの 国家組織ナメたらアカンでぇ」とヤジが飛ぶ。弁当の蓋を壊しただけで国家組織に喧嘩を売るような事態になるとはビックリだ ( ゚ω゚)  出来ればごめんで済ませて下さいと言えば、反省の色が無いと糾弾。わぁわぁと騒いでいると裁判官(娘)が「次からは、正直に言わんとアカンよ」と締めくくった。へいっ、まったくもってすみませんでぇしぃたぁ~。

旦那から「丁寧に扱うように。仮に爪が折れたら、無くなさい用に持って帰って来なさい」と言われていたのに。息子は、学校で爪を折ったうえに、爪を無くして帰って来たよ。修復不可能。 箸入れの蓋は1つ残ってるのでカパカパしながら辛うじてついてるけど、箸が転がり落ちてしまう。何とかゴムバンドで止めて仕様中。

こんな大人になっちゃいけないよを身を持って教えた管理人への応援はこちら↓



申し訳ないが、買い換える気は無いので弁当箱に穴が空くまで使ってね。


Tシャツ&タンクトップ

数日前にスーパームーンってニュースとかでも言ってて、小学校の給食でも月見団子が出たんだって。だから、ついつい夜空を見上げてしまうのですよ 夕飯後にベランダに出て、娘と月を眺めながら「明るいねぇ」なんて言ってたら、息子もベランダに出てきて声高々に言い放ったよ。「おぉぉ(月)まんまるやん 流石、セーラームーンやなっ」って。
部活に忙しく、ニュースなんて見ていない息子は、どっかの誰かの噂話を小耳にはさんだようだ……ひとまず、息子の耳は腐り落ちていると思う今日この頃…


中途半端に余ったニット地で、娘のTシャツとタンクトップを作ったよ。綺麗なグリーン系の色で素敵なのです これで、半端な生地も使い切ったざます

Tシャツ


↓で、息子が旅行に行った際に、瓢箪購入を断念した事を書いたんだけど、旅行ガイド並みに、素敵な旅情報を書かれている『いかりぶ』さんが、「庭でも瓢箪、作れますよ~」って教えてくれたので、息子に教えてあげたら「まじでぇ作りたい作りたい」とテンション
が、いつのまにか「ヘチマの種ってさぁ、売ってんの」なんて言葉が娘と息子から飛び出した…ヘチマ…ヘチマ…ヒョウタンじゃなくて
…あれか話の途中で私が「母ちゃんが小学校ん時、ヘチマを学校で育てたんだぜぃ。乾かして一人一個ずつ持って帰った」って言ったから、話すうちに『ヒョウタン』から『ヘチマ』にシフトチェンジ
旦那もヘチマと聞いて、んって顔をしたけど、訂正はせず。放置プレイ。
「小さいヘチマやとお茶、あんまり入らへんから大きく育てたいよなぁ」と息子は胸を躍らせているが、ヘチマを乾燥させても、水は吸うだろうけど水筒にはならないぜ  でも教えてあげない…放置プレイ…
瓢箪の水筒を腰から下げて登校を何としてでも阻止したい旦那は「そうそう『ヘチマ』 ヘチマの苗を買え」と息子に静かなエールを送っていたよ。『瓢箪』とかいて『ヘチマ』と読む 小6女子&高1男子への応援はこちら↓



最近はヘチマの観察とか小学校でしないのね~






娘用タンクトップ

朝晩が、涼しくなって過ごし易くなってきましたね(^-^) オーダーを承ったり、辞書片手にホームページのタグをポチポチと打つ今日この頃。そろそろ、入園グッズの制作に取り掛かる季節で、SHOPのオープンはいつですかとの、お問い合わせも頂いているので、何とか今月中にはオープンしたいと思っています。お待たせして申し訳ありません<(_ _)>


夏に作った物だけど、娘の下着を作ったよ。自分の子供用だから、色々と実験(試行錯誤)が出来て良い勉強になりました。ちょっとした力加減でも出来栄えに大きな差が出たりするのですよ。
300円の綿100%生地でタンクトップを4枚 ちゃんと胸の部分も2重にしたざますよ 何よりも安く作れた事が嬉しくて仕方が無い 出来栄えは二の次なのです。

タンクトップ1



夏休みの家族旅行は福井県の芦原温泉に行って来たよ  
いつものように、息子がカメラマンになってくれたんだけど……
どっかの高速道路のサービスエリアから見た景色をパシャリと同じ景色を十数枚…こんなの↓

旅行1

写真の右上に『山の上に何か建ってたから』って理由で同じ景色を十数枚も撮ったりする物なのか甚だ疑問であります(-"-) 他は、私の後頭部だったり、娘がお土産を見ている横顔だったり旦那がゴミ箱にペットボトルを捨ててる写真とか…撮る時は声を掛けろよ…


後は、立ち寄るサービスエリアで「せっかく旅行に来てるんやから、ご当地グルメを食べようぜぃ」って、私と息子で割り勘しながら食べた明宝ハムの写真↓

旅行2

ほんとは、なんとか牛ステーキの串焼きを買おうか迷ったんだけど、小さなサイコロ大の肉2個が550円でさぁ…うーん、うーんと息子と悩んで明宝ハムの串焼き200円を1本購入。夜ご飯の食べ放題に備えて食べ過ぎはご法度なので、二人で半分こなのです
丸いハム2切れで200円かと思いきや、一切れを半分に切って串に刺してた…もう少しボリュームが欲しかったざます(-"-) 少ねぇなぁって息子とボヤキながら食べてる横で「そんな小さいハムで200円も出して…はぁ…アホやなぁ」と溜息を付きながら、娘と旦那が300円の大きなソフトクリームを食べてたよ…チッ(-"-) そのソフトクリームってご当地グルメとちゃうしっと息子と二人で負け惜しみ。 後で、お土産売り場を見たら、明宝ハムが塊で600円くらいで売ってた…こっちを買って食べた方がお得だったわね…と息子と二人で何とも言えない気持ちになったよ。


東尋坊にも行って来たよ。カメラマンの息子はお土産屋を見て回るのに忙しく写真は一枚も無し…。
東尋坊で息子が買ったお土産がこちら↓

旅行4

編み傘 と 刀型の傘を購入…編み傘を買う時、レジのおばちゃんが「使われますか」なんて聞くもんだから、息子「はい」と即答…イソイソと編み傘を被ったよ。お店を出た瞬間、娘と旦那が「恥ずかしくて一緒に歩きたくない」と言ってスチャッと、私達から距離をとりよったっっ 
「ぜぇーんぜん、恥ずかしくないしっ 行こうぜ、母ちゃん」と私の首に腕を回す息子。
しまったっ 逃げ遅れたっっ んのぉぉぉ~誰かぁ助けて~ 旦那を見るも他人のふり…オイッ 目ぇぐらい合わせろよっっ


ずっと、この格好で私の隣を歩いていたよ…

旅行3


…隣で歩くの良いけどさぁ、おめぇが頭を動かす度に編み傘が母ちゃんのコメカミを直撃してるのよ…ちょっち離れて歩くか、傘を脱げっと言うも「えぇぇ、これ(編み傘)が、かっちょええんやん」と訳分らん事を言って私の横から離れない……ほんまは、ちょっち恥ずかしかったりするんじゃね

次のお土産屋さんで、刀型の傘を購入。少し離れた位置から「やめとけぇ~ それ以上、おかしなもん買うなぁ~」と旦那が言ってたけど、「普通の傘と、折畳み傘と、どっちがええかなぁ」と悩む息子。買うのは決定事項なのですよ…。
でもさぁ、それ家の近くのホームセンターで売ってたよ…それでも購入…。

次のお土産屋さんで天井から、ぶら下げられている、ヒョウタンを発見。「母ちゃん あれ(ヒョウタン)かっこええっ 欲しいわっ」と息子ヒョウタンに一目惚れ。ちょっち、私もトキメイテシマッタ
瓢箪だから保温効果は無いけど、冬なら水筒として使えるんじゃねと真剣に購入を相談しあう私と息子に、離れて見ていた旦那が、慌てて駆け寄ってくる。「アカンって瓢箪なん、ぶら下げて電車に乗れる訳ないやん」と購入を止めるが、残念っ 瓢箪を腰に下げて電車くらい息子なら乗れるからっ でなきゃ、今現在、編み傘被って刀型の傘を持ってウキウキと歩いてないから~

買う気、満々で息子が瓢箪の値段を聞いたら「3500円」  息子、固まる。 
「母ちゃん、二人で割り勘せぇへん。母ちゃんも使って良いからさぁ」と息子が私に打診。……小遣いが足りないのか3500円出す程には価値を見いだせないのか
母ちゃん、家で仕事だから水筒って使わないのよねぇ(仮に外に仕事でも瓢箪を水筒代わりにはしない) 割り勘で1750円…そこまで出して欲しく無い。母ちゃんはリラックマのご当地キーホルダー『ホタルイカ リラックマ(富山限定)』を(富山あんたが行ってるの福井でしょとか言わないで)買うので、無駄遣いはしなーい。

ずいぶんと悩んで、瓢箪購入を断念。息子は、とても後ろ髪を引かれてたけど、旦那はあからさまにホッとしてたよ。帰りに息子が「来年も、東尋坊に連れて来てな」と旦那に頼んでた。どうやら来年、瓢箪を買う気らしい。旦那は、「あぁぁ、まぁ…考えとく」って言ってたけど、顔に「二度と連れてこない」と書いてあった。

最後に、部活仲間にお土産を買った息子。『愛知県限定 手羽先味』のシャチホコの絵が印刷されたお菓子を購入していたよ。…行ったの福井県…

お土産は、行った場所とは違う県の名産品になる確率が異常に高い高1男子への応援はこちら↓



編み傘は、夏休みに卒業した中学校へ被っていったよ…先生ビックリしただろうなぁ…



乙女なチュニック

やっとこ2学期が始まったわね~ 静かな日常がやってきた ヒャッホーイ \(o⌒∇⌒o)/

この前さぁ、トイレに入ったのね。そしたらさぁ、トイレットペーパーを引いたらカランッって…トイレットペーパーが無かったのよ…横の収納棚を開けたけど、空っぽ……うぉぉいっっ 収納棚から最後のトイレットペーパー出した人は、補充しとけって、いつも言ってるやろぉぉぉぉ んのぉぉぉぉぉ 5cmのトイレットペーパーで私にどうしろとぉぉぉぉ

廊下を挟んでリビングで寛いでいる家族に叫んでみたよ。 「ちょっとぉぉぉぉぉ たぁいへぇぇーん トイレットペーパーが無いよぉぉぉぉ 母ちゃんピンチィィィ だぁれか持って来てぇー」

そしたらさぁ、「なんじゃそりゃぁあーはっはっはっはー」と家族で爆笑した後に、家族を代表して息子が「今、テレビ見てるから、ちょっと待ってぇぇ」と叫んだよ…待つって0.3秒 えっ 17分だって 可愛い猫が出てるからだと 母ちゃんも見たーいっ

待てるかぁっ とっとと持って来んかーいっっ 10秒以内に持って来んかったら(トイレの)戸、全開にすんどぉぉぉぉ 10,9,8,1(戸)ゼンカーイって喚いたら。

ちぇって舌打ちして旦那と息子に娘でジャンケンを始めたよ…

うぉぉぉぉいっ ジャンケンせんでいいからトイレットペーパー 最後は、ジャンケンに負けた娘が、もうっ とか怒りながらトイレットペーパーを持って来たよ。 …ちなみに、最後のトイレットペーパーを使ったのに補充をしなかった犯人は娘だった 往生際悪く「私じゃない」と娘は容疑を否認 (-"-)

あまりの家族の冷たさに、お前達も恐れ慄くがいいわっとトイレットペーパーを抜き取ってトイレを出た私。次に入った奴は、トイレットペーパーが無くて泣き叫ぶがいいわっ にゃーはっはっはっはー\(>▽<)/ トイレットペーパートラップ発動なのでぇっす え 大人気ですって 捨てました郵便局に行ったついでに捨ててきましたからぁぁぁ

で、トイレに入ったらトイレットペーパーが無かったよっ ウッカリ…策士策に溺れるとはこの事か そして冒頭の「ちょっとぉぉぉぉ たいへーん」な会話をもう一度繰り返す…(T_T)

「さっき、持ってったやろぉ 一個全部使ったんかっ」との旦那の真っ当な言葉に「母ちゃんの座ってたクッションの後ろからトイレットペーパー持って来てぇぇ」と叫ぶ……家族全員から「悪い事するから罰当たったんや」と笑われる始末……おにょれ私。何故に、トイレットペーパーを持ち出した…自分の記憶力の無さが恨めしい…



そんなトイレットペーパートラップを仕掛ける常習犯の娘に、スカラップ生地でチュニックを作ったよ。↓の『ふんわりチュニック』と似たデザインだけど、ハイウエストで切り替えを入れてスカート部分はタックを入れたのです。紫がかったピンクで乙女なチュニックになったのです

チュニック1



友達に「トイレットペーパーを持って来て言ってんのに、ジャンケンしてんだぜっ信じられんやろ」って言ったら「グミッチの行動の方が信じられんわ」と言われちった。マジで どうやら、友達の家ではトイレットペーパートラップは発動しないらしい…そして発動してもトイレットペーパーを持ち出してトラップを仕掛けるような事は考え付かないらしい…マジかっ
一人「目には目をっNOトイレットペーパーにはNOトイレットペーパーをっ」で、一人で痛い目に合った管理人への応援はこちら↓



 トラップに引っかかるのは私がダントツ…チッ(-"-)


 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

グミッチ

Author:グミッチ
大阪在住
ひたすら元気な息子と、恐ろしく口の立つ娘の母でございます。


ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いします。(*^_^*)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

 

ブログ内検索

型紙屋さん かもみーる

通園バッグ&型紙 販売中♪

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

四季の花時計

RSSフィード