ほっこり、おひさまの下で

元気いっぱいな子供達に囲まれての日々の出来事や、大好きなハンドメイドについて綴っていきたいと思います。

2017-06

車内用ティッシュボックスカバー

姑の夏の肌着が足りないとホームから連絡があったので、持って行ったよ。

入口を入ったところで、ホールに居た姑と早速のご対面。「お母さん来たよ♪」と手を振れば、一瞬ポカンとこちらを見て固まる姑。たぶん、誰だったっけ?と考え中。
やっと、疑問形ではあるが「ぐみちゃん?」と嫁を認識したようだで、ヨロヨロと席を立ってこちらに向かってやって来て来た。
100年ぶりに嫁の顔をみたような顔でやってくる…迫真の演技ですよ お義母さん… これから起こるであろう事は、今までに数え切れんくらい姑がやっている行動なので、嫌な予感しかしない。

私の数メートル前で立ち止まり、いきなり「わぁぁぁぁぁ!来てくれたんかぁぁぁ!わぁぁぁぁん!他の人は、皆家族が会いに来てくれるのに、私だけ誰も来てくれへんから寂しかったんよぉぉぉぉぉ!わぁぁぁぁん!」と泣き出した ∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット

…誰も会いに来てくれへんって…人聞き悪ぃなお義母さん。数日前に会ってるやん!ホームに入ってから、なんだかんだと足りない物や契約やらで毎週顔をだしているんだけれど?

あまりの大声で泣き叫ぶもんで、スタッフが「どうしましたかっ?」と慌てて飛んできた。わぁぁぁと泣く姑に、スタッフが「お家の人が来て嬉しかったんやねぇ。お部屋に案内して、ゆっくりお話ししてきたら?」と顔を覆って泣く姑に話しかけたら、ピタリと泣き止んで「ほんまやな。ぐみちゃん、こっちやで」とにこやかにエレベーターへ案内してくれた。…涙の痕なんてナッシングーな泣くぞ詐欺のおばあちゃん。 元気なようで何よりだ。




車の中にティッシュを置いておきたいので、車内用のティッシュボックスカバーを作ったよ。
最初に作ったのは、どんなサイズでもOKの少し大きめカバー。
でも、いつも同じサイズのティッシュボックスを買うので、ジャストサイズに作り直した。大き目は旦那の車内用に。

DSCN1259.jpg


ティッシュボックスを入れた画像。ジャストサイズでピッタリと入って見た目もスッキリなのです♪

DSCN1267.jpg


プラプラと揺らしたくないので、座席に添うように紐は短めに!紐はマジックテープで長さを調節出来るようにしているので、どんな車にもジャストサイズで吊るせる!はずっ!

IMG_0201.jpg




月曜日、息子から出掛けるなら今日発売のジャンプを買って来てほしい。とお願いされた。しゃーねぇなー!

で、用事を済ませた帰りに本屋に立ち寄って、ジャンプを探す。何となく、マンガが山積みされているエリアに来て見てみるが、ジャンプが無い。てか、どれを買えば良いのか分からない…ジャンプって書いてる表紙が何冊かあるんだけれど?どれっ?

他のお客さんの邪魔にならないようにコソコソと息子に電話。ジャンプって何か一杯あるけど、どれ?訳分からん私に息子が「えぇぇ!週刊ジャンプってどっかに書いてるやん!」と言ってくる。どっかに書いてるってどこにやねん!一冊手に取って見てみるが週刊なんて書いてない…(当然です。週刊ジャンプじゃない、ジャンプのどこを見ても週刊という文字は載っていない。のだが、その事実に当時の私は気付かなかった…)

どこにも週刊ジャンプなんて書いてないぞと、言ったら「えぇぇ!書いてるよ!表紙は?表紙の絵は何?」って息子が言うけど、表紙を見てもマンガの題名なんて私が知るかっっ!は?ショクタクノソーマが連載されてるか?何それ、ソーキそばなら知ってるけど、何?食卓のソーキそばか? 母ちゃん、訳分からんってなんじゃいっ!こっちもワケワカメじゃっ! 息子の、オイオイ母ちゃんバカなのか?な雰囲気に腹が立ってきた。 お前は母ちゃんの安定した沸点の低さを忘れているようだな。

他の人の邪魔にならないようにと、コソコソと電話越しに息子とケンカ。息子の「もうぅ!なんで分からへんのよ。字ぃ読めるやろ?」な息子の言葉にカチンときたよ。オトナゲ?ナニソレオイシイノ?

おぉぉし、分かった、サンデーだかマンデーとか訳分からんのも一緒に並んでるけど、もう目ぇ瞑って最初に取ったヤツを買って帰る。と宣言。

息子が「サンデーってなんでやねんっ!ジャンプやって言うてるやん!もっと、ちゃんと見」と叫んでいたが、最後まで聞かずに電話を切断。すぐさま、息子から電話が掛かってきたがオレ取らないよ?あまりに電話が鳴ってうるさいからマナーモードに変更。ブーブーカバンの底で携帯がガタブルしてるけど気にしない。さてさて、どれを買おうかな?

何回、電話しても私が取らないので、敵はライン攻撃に出たようだ。だか、オレ見ないよ?既読なんて付けないからね?母ちゃんを怒らせえた事を後悔するがいいわっっ!わぁっはっはっは!

ふむ…どうしよう…適当にジャンプって書いてるの買ってく?流石に怒られるかなぁ…旦那に。

うーん、とおもむろに近くのマンガを手に取ったら、オズオズと「あの…これ、週刊ジャンプです」と、中学生?高校生?らしい、男子2人がマンガを手に話しかけてきた。きょとんとする私に、もう一度「週刊ジャンプってこれです」とマンガを手渡してくれた。その間にも、カバンの中でマナーモードが休みなく稼働中。息子も案外しつこいな…。

どうやら、私と息子の電話のやり取りが聞こえていたらしい。週刊ジャンプとは程遠い、かすりもしないコロコロコミックを手に持った私に親切にも正解のジャンプを手渡してくれた素敵男子。

なんで平日に学生が?と言う疑問は放り投げて、有難う!おばちゃん助かったよ!とお礼を述べたら、「ここに『週刊』って書いているので、これからはココを見たら分かると思います」と見分け方まで教えてくれた。マジ、有難う!

家に帰って駐車場に車を停めてたら、息子が家から飛び出して来たので、娘に頼まれていた「花とゆめ」を手渡したら、ガックリ膝を折っていた。 母ちゃんを怒らせると、こうなるのです。

リビングで「はぁぁ、ジャンプ…」と落ち込む息子に、ほんまもんのジャンプを渡したら、「おぉぉ!母ちゃん!大好き!」と叫んだ調子のいい受験生への応援はこちら↓



ほんまに、目ぇ瞑って本、買って来ると思った…by息子



関連記事
スポンサーサイト

コメント

グミッチさんへ

ティッシュボックスカバー、いつもながら素敵ですね♪さすがぁ~♪

そして、お姑さん、笑ってはいけないんだけど、面白いなぁ~。
でも、いいですよね、こうして面会に行くと喜んでくれるんだから。これが、誰?とかならまだしも、この人は悪い人だっ!とか物を盗られたっ!とかいろんな妄想をする症状の人もいたりするからそれは大変ですよ。って比べるものでもないけど、色んな症状があったり、日によって違ったり、ホームの職員たちは全部分かっているから大丈夫。少しでも穏やかに過ごしてくれるといいですね♪

息子さんのジャンプ、私も言われたらどれだか分からない気がしますね、ジャンプという名前は知ってても、買うことなんてないから本屋に行っても分かるかしら?つい明日本屋に行って試してみようと思ってしまってます・・・。
 息子さんも毎日勉強ばかりで大変でしょうから、たまにはグミッチさんとのやり取りで息抜き?してまた頑張ってほしいですね!

こはくさんへ

今までは、明るい色合いの生地を使う事が多くて、紺色とかは使っていたけれど、あまり黒色系の生地は使った事が無かったのですが、作ってみて黒色系もいいかも!と思いました。

姑はねぇ、悲劇のヒロインごっこ?が大好きなのですよ。なのでホームに入る前から、誰も来てくれないとご近所中に泣きながら言って回っていました…オイオイ、数日おきに来てるし!下手したら、一週間毎日ちょっと来て!な呼び出して行っていたじゃないか!なんて言っても関係なーし!

と、思ったら…しょっちゅう嫁が来るから、何かしら料理を作って持たせているのよ…ふぅ…いい加減、嫁も料理が出来るようになってもらわないと困るのよね…なんて言って回るし…誰が誰に料理を持たせるって?

その時々で、色々な仰天話が出てきます。姑ワールド炸裂です!田舎なもんでアっちゅう間に村中に噂話は広まって、姑が認知症だと分からない人も多く、とんでもない嫁ね…とご近所さんには白い目でみられて嫌味も言われたりしましたが、今はホームに入り姑の話を聞いてもスタッフの方が、ちゃんと分かってくれているので精神的に楽になりました♪

ジャンプ…いきなり買って来てと言われても分からないですよねー!なんせ、ジャンプと名の付く雑誌が多くって!わかわかめー!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gumitti.blog96.fc2.com/tb.php/510-fda35f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

グミッチ

Author:グミッチ
大阪在住
ひたすら元気な息子と、恐ろしく口の立つ娘の母でございます。


ブログランキングに参加しております。
よろしければ、ぽちっとお願いします。(*^_^*)

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

 

ブログ内検索

型紙屋さん かもみーる

通園バッグ&型紙 販売中♪

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

四季の花時計

RSSフィード